神はいないのか?カッパハゲと呼ばれて

…休みの日だっていうのに、一日家でゴロゴロ。

えっもったいないって?人生無駄に過ごしてるって?

…フサフサな人はいいよなあぁ!!!

人生謳歌してくれよぉ勝手に!!!

オイラだってな、10代時点ではフッサフサのボーボーだったんだよ!

それが26才の今じゃ立派なハゲ。

神よ、なぜオイラにこんなひどい試練を?!

最初に異変に気づいたのは、21才の時。

大学行って、バイトして、彼女もいて。

くぅ?楽しかったなぁあの頃は!

彼女とプリクラ撮ったんだよ。オイラはしぶしぶだったさ、男でプリクラ好きなヤツなんて、いないだろ?

それまで無頓着で、男のくせに鏡の前で必死に髪いじってる奴、内心バカにしてたんだよな。

彼女とキャッキャしながら、撮影画面を見たんだよ。

?!俺、薄くね…?!

デートもソコソコに、彼女はブーブー行ってたけど、ソッコー帰宅。

デスクライト片手に、鏡の前で見てみた。

頭皮、透けてね…?つーか、前髪と真ん中、ヤケに細い気がする。あと、短いよな?他と比べて。

それからはありとあらゆる育毛剤やら使いまくった。

バイト代はたいて、頭皮チェックも行ったし、ネットで調べたサプリやら手当たり次第に飲みまくった。

異常に神経質になって、部屋の床やら枕やら、落ちてる抜け毛を数えて発狂寸前になったり。

でもそんなオイラを嘲笑うように、頭皮の肌色がどんどん透けてきた。

ほとんどノイローゼで、おかげで彼女にもフられたし、大学も辞めちまった。

バイトだけは育毛剤買う為に、必死に行ったよ。

結局そのままそこで正社員になって、今に至る。

そんな年の変わらんバイトどもに、カッパハゲって陰口叩かれてるの、聞いてしまった。でも、心が死んでるのか、あんまりショック受けなかったな。

今では立派なつるつるを晒して、生きている。ハゲのサイト